盗聴器・盗撮関連

盗聴器・盗撮関連

はじめに

盗聴器とは…

 盗聴器とは、会話や通信などを気付かれないように密かに聞いたり録音したりする機器のことです。聞いたり録音した音声から、様々な情報を得て、関係者の動向を探る目的で使用することが多いです。

 最近では、ネットや通販で誰でも手軽に購入できることから、ストーカー目的で使用されることが多くなっています。 

盗撮とは…

 盗撮とは、相手に気付かれないように密かに撮影を行うことです。盗聴器同様盗撮機器も誰でも簡単に購入できることから、犯罪目的で使用されるケースが増えてきています。 


現状はどうなっている?

現状として…

 現在、盗聴器の販売数は、全国で年間30万個(もしくはそれ以上)と言われています。特に、インターネットが普及してからは、誰でも簡単に手に入れられるため、とても身近な物になりました。値段も1万円程度で購入することができますので、大量に購入することも珍しくありません。また、盗聴器も小型化が進み、高性能となってきています。 

盗聴器の設置箇所

 盗聴器の設置箇所で最も多いのは、家・マンション等の自宅です。戸数が多いということもありますが、設置箇所としては圧倒的に多いです。前述したように、誰でも簡単に手に入れられるようになったため、一般人が取扱う数が増えてきていることが要因と考えられます。 次に盗聴器の設置箇所で多いのは、ホテル・会社となります。 


盗聴する目的

 盗聴器は、会話や通信などを気付かれないように密かに聞いたり録音したりするために使用します。では、盗聴の目的は一体どうなっているのでしょう。具体的な場合で分けてみます。 

ストーカー(つきまとい)

 ストーカーが対象者の行動を把握したり、声を聴くために設置する場合です。電話の内容を聴かれることで、今後の行動がばれてしまうため、ストーカーしやすくなってしまいます。 

家族の素行(行動)把握

 家族の行動を把握するために設置する場合です。特に多いのが、配偶者が設置する場合で、浮気などの証拠収集のために盗聴器を使用することがあります。 

企業の実態を把握

 会社の社員やライバル企業が設置する場合です。また、会社の管理者が社員の勤務態度を把握するために使用することもあります。 

興味本位・好奇心

 盗聴器を設置した人物ではなく、盗聴することが好きな人物が盗聴する場合です。いわゆる盗聴マニアが興味本位で音声を聴くことがあります。 


盗聴器の種類


盗聴器調査対象地域

▢関西地方