離婚の方法

〇離婚の方法とは

離婚の方法は主に協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「判決離婚(裁判離婚)の4つに分けられます。それぞれの離婚の方法についてまとめました。

〇協議離婚

 協議離婚とは「夫婦2名での話し合いによって離婚に合意すること」を言います。夫婦が離婚について同意していれば、裁判所が関与しないため理由や事情は関係ありません。最も一般的な離婚方法で、全体の90%が協議離婚となっています。

〇調停離婚

 夫婦の話し合いがまとまらない場合には、離婚をしたい夫婦のどちらかが、離婚調停の申立てを管轄の家庭裁判所に申し立てる事になります。離婚などの家庭の問題については、いきなり訴訟をすることはできません。訴訟の前に必ず調停の申立をしなければなりません。

〇審判離婚

 家庭裁判所で調停が繰り返し行われたにも関わらず、夫婦の考え方のわずかな相違で合意に達しない場合や、離婚成立寸前で夫婦のどちらかが出頭義務に応じない場合、家庭裁判所は調停委員会の意見を聴いて、独自の判断で離婚の処分をすることができます。離婚をさせた方が、夫婦双方の利益になると判断したとき行われます。

〇判決離婚(裁判離婚)

 協議離婚の話し合いでもまとまらず、家庭裁判所の調停・審判でも離婚成立に至らなかった場合、家庭裁判所に離婚の訴えを起こして、その裁判に勝利して、離婚を認める判決を得なければなりません。調停を経ず離婚の訴訟を起こすことはできません。一度調停を終えてからとなります。また、離婚の請求と併せて、慰謝料・財産分与などの金銭問題、未成年の子供がいる場合は、親権者の指定、養育費の請求も同時に行うこととなります。


会社名 FE総合調査
郵便番号 〒552-0001
住所 大阪府大阪市港区波除3-5-22
TEL 06-6567-8557
メール info@fe-osaka.com