浮気・不倫関連

 浮気・不倫調査の目的としては、「離婚するための証拠集め」「浮気・不倫していることの事実確認」が挙げられます。このページでは、浮気・不倫調査を行った後、必要となってくるであろう知識についてまとめました。浮気・不倫調査を行う前に知っておくと、後々役立つ内容になっておりますので、是非参考にしてみて下さい。  

法定離婚原因

 離婚の理由が何であれ、お互いが合意していれば、離婚届を提出することで、離婚は成立します。しかし、夫婦の一方が離婚を拒否し、調停でも離婚が合意されなかった場合はには、裁判にて離婚請求を求めることになります。裁判で離婚を認められるには「法定離婚原因」に該当していることが必要となります。

 民法(第770条1項)では離婚が可能な理由として、4つの具体的な原因と、1つの抽象的な原因を法定離婚原因としています。これに該当する理由とその証拠が無いと裁判での離婚は認められません。 

浮気・不倫に関係の深い理由

それ以外の理由


離婚の方法

離婚の方法には大きく分けて4つの方法があります。


不貞行為の証拠

 離婚を請求する際、請求する側が配偶者と異性の浮気相手との「性行為(肉体関係)を確認ないし、推認できる証拠」を立証する必要があります。  

▢具体的な「不貞行為」の証拠

写真・ビデオ
録音テープ
電子メール
その他証拠
探偵社・興信所の報告書
 

 

詳しくはこちら


浮気相手への慰謝料請求

 夫婦の一方が、異性の愛人と不貞行為(浮気・不倫)をした場合、損害を被った配偶者は、貞操義務に違反した配偶者と異性の愛人に対して、貞操権侵害による精神的苦痛の慰謝料として、損害賠償を請求することができます。

 

浮気相手への慰謝料請求はこちら

用語の説明