桶川ストーカー殺人事件

桶川ストーカー殺人事件とは、1999年10月26日に埼玉県桶川市の桶川駅(JR高崎線)前で、女子大生(21)が元交際相手(27)とその兄(32)が雇った男(34)によって殺害された事件です。この事件がきっかけとなって、「ストーカー規制法」が制定されました。

 

 

桶川ストーカー殺人事件の特徴

桶川ストーカー殺人事件の特徴は、「警察の怠慢な捜査と組織」に尽きると思います。被害者がこれらのグループから監視・中傷・脅迫・プライバシーの侵害等のストーカー行為を受けていたために、「ストーカー殺人事件」と呼ばれることが多いですが、この事件は警察(埼玉県警察)の怠慢な捜査も発覚した事件でもあります。被害者とその家族は、幾度となく、所轄の埼県警上尾警察署(以下上尾署)に相談し告訴状を提出していました。しかし、上尾署側は捜査をせずにこれを放置し、被害者の家族に告訴の取り下げを要求しました。上尾署の不正は写真週刊誌・FOCUSの調査報道で明らかになりました。また、告訴状を改ざんしていたことは内部調査で明らかになりました。最後に埼玉県警が不正捜査を認めて謝罪することとなりましたが、遺族が埼玉県警を相手に国家賠償請求訴訟を起こすことになりました。改ざんに関わった署員は懲戒免職になり、のちに有罪判決を受けました。

 

 

経緯

出会い

 1999年1月に被害者の女子大生 (以下文中、被害女性) が友人と2人で遊びに来ていたゲームセンターで加害者の男 (以下文中、加害男性) と知り合い、その後、交際が始まりました。しかし、加害男性は被害女性に偽名、年齢詐称、職業も外車ディーラーと偽り接近しました。加害男性は東京消防庁消防士が本業である兄と共同で東京都内で東京都公安委員会から許可を得ずにファッションヘルス形態の風俗店を7店舗も経営する裏社会の実業家でした。

 同年2月から3月にかけて加害女性は加害男性が嘘をついていると勘づきましたが、結局、本名を知ることはありませんでした。

 

加害男性の異常行動

  • 一方的に高価なプレゼント(数十万円もするバッグや洋服、ロレックスの腕時計など)を贈り、被害女性が「こんな高いものは受け取れない」と拒絶すると暴力を振るう。
  • 30分おきに携帯電話に連絡するなど被害女性の行動を監視し、「今、犬の散歩をしている」と答えると、「俺を放っておいて犬の散歩とはどういうことだ?その犬を殺すぞッ!!」と脅す。
  • 携帯電話に出ないと、番号を教えていないはずのAの自宅や友人にまで電話をかけてくる。

 

などの異常な行動を見せた加害男性に対して、恐怖心や不信感を抱いた被害女性は別れ話を切り出しました。しかし加害男性は「お前は2000年を迎えられない」「父親をリストラさせてやる」「家族を滅茶苦茶にしてやる」などと、被害女性はおろか、家族にも危害を加える旨の脅迫をし、交際の続行を強要しました。

 

ストーカー行為と殺人

この頃から被害女性は身の危険を感じ、遺書を用意したり、周囲の友人に「私は殺されるかも知れない」「(もし私が殺されたら)犯人は絶対に加害男性」と話すなどしていましたが、ストーカー行為に耐え、恐怖と闘いながら殺害される当日朝まで大学に通い続けました。以下、主なストーカー行為の日付と内容。

 

6月14日…加害男性とその兄らが上尾市内の被害女性の自宅に押しかけ、被害女性を脅迫し現金500万円を要求するも、父親に追い返されます。

 

6月15日…被害女性と両親が、加害男性とその兄の脅迫をした内容を秘密録音していたテープを所轄の埼玉県警上尾署に持ち込み、被害の相談をします。しかし「民事不介入」を理由に上尾署は全く取り合いませんでした。これ以降被害女性の家に頻繁に無言電話がかかってくるようになります。また同日、加害男性の兄が男(加害男性が経営する風俗店の雇われ店長) に被害女性の殺害を依頼します。

 

7月13日…被害女性の自宅周辺と大学・父親の勤務先に、事実無根の誹謗中傷のビラが約300枚貼られます。

 

7月29日…被害女性が犯人を名誉棄損で上尾署に告訴します。署員は告訴状を受け取るも「(ビラに対して)これはいい紙を使っていますね。」「試験が終わってからでもいいのでは?」など、いい加減な対応に終始しました。

 

8月23日・24日…被害女性の父親の勤務先などに約800通もの事実無根の誹謗中傷の手紙が届きます。

 

9月7日…上尾署員が告訴状を被害届に改ざんします。

 

9月21日…上尾署員が被害女性の母親に対して「一度取り下げても、もう一度告訴はできますから」と嘘を吐き、告訴取り下げを要請します。

 

10月16日…深夜、被害女性の自宅前に大音響を鳴らした車2台が現れます。

 

10月26日…雇われた男らは午前9時から被害女性の家の前で行動を見張り、大学に向かうため12時に自転車で家を出発し桶川駅前の自転車置き場で降りた被害女性をナイフで左胸や脇腹を刺して殺害し逃亡しました。

 同日、上尾署に捜査本部が設置されましたが、記者会見にて事件当時の被害女性の服装や所持品について「ブランド物のバッグ」「厚底ブーツ」「黒いミニスカート」など、報道陣に対して意図的に詳しく説明しました。これ以降、各報道関係者から、被害者である被害女性にも非があると受け取れる報道がしばらく続くことになります。

 

犯人追跡

1999年11月、写真週刊誌『フォーカス』に、桶川事件の記事が掲載されます。内容は被害者Aではなく、ストーカーグループの異常さを浮き彫りにした調査報道でした。この後も、フォーカス誌独自の立場で継続的に事件を扱います。

 12月、フォーカス誌の清水潔が、独自に殺害犯人グループを特定し、その写真をフォーカス誌に掲載します。12月19日、フォーカス誌から仲介人を介して情報を得た埼玉県警察は、雇われた男を逮捕し、翌20日には、加害男性の兄を含む被害女性殺害に関わった3人を殺人容疑で逮捕。しかし事件の全容を知る立場の加害男性は逃亡します。

 2000年1月16日、埼玉県警察は殺害実行犯を含む中傷に関わった12名を名誉棄損容疑で逮捕し、加害男性を指名手配します。清水潔記者は加害男性を追って北海道へ向かいます。

 同年1月27日、加害男性の死体が北海道の屈斜路湖で発見されます。遺書があったことから自殺と判断されました。遺書は自身の両親宛で保険会社から死亡保険金を受け取るよう書かれていました。被害女性やその家族に対する反省、謝罪の言葉は書かれていませんでした。

 

 

メニュー


会社名 FE総合調査
郵便番号 〒552-0001
住所 大阪府大阪市港区波除3-5-22
TEL 06-6567-8557
メール info@fe-osaka.com