平野区ストーカー殺人事件

平野区ストーカー殺人事件とは、2014年5月2日午前2時30分頃に大阪市平野区長吉長原西3丁目で起きたストーカー殺人事件です。

 

 

概要

 2014年5月2日午前2時30分頃、大阪市平野区長吉長原西3丁目で、スナックのアルバイト従業員の女性A(当時38歳)が腹部を刺され、搬送先の病院で死亡が確認されました。大阪府警は同日午後、殺人現場から約1キロ離れた平野区内のコンビニ駐車場の車にいたスナック店の客の無職の男B(当時57歳)を職務質問し、事件の関与を認めたため殺人容疑で逮捕しました。

 Aは首や腹部など10数か所に切り傷や刺し傷などがあり、腹部にはを包丁が刺さっていました。またBはレンタカーを借りて帰宅するAを待ち伏せていたとされ、逮捕された際に語った動機では「Aさんが好きだった。もう会うことはできない。殺して自分も死んだら、あの世で一緒に暮らせると思った」と話しました。

 目撃者の証言によると、BはAに近づいて歩道の植え込みに押し込み、まるで何回も殴っているように犯行に及び、その後歩いて自動車に乗り込み逃げたといいます。またBの供述によると、「店にAさんの自転車が止まっているのを見て店に戻ったと知った(Aは相談後、いったんスナック店を辞めていたが、4月下旬に復帰していた)」「包丁を2本用意して襲った」等と語っており、犯行に使ったレンタカーからはAの腹部に刺さった包丁とは別の血痕の付いた包丁が見つかっています。

 

 

ストーカーに関して

 2013年8月頃からBはAが勤務するスナック店に出入りするようになります。2014年2月に店側がBの来店を禁止しました。すると3月1日から3月2日にかけてBはAに対して33通のメールを送り、「気分悪い」「殺される前に警察に電話してや」などと中には殺意をほのめかす内容も含まれていたといいます。このため3月2日にAは松原署にストーカー被害を相談し、同署はストーカー規制法に基づいてBに口頭で注意し、3月12日に文書で警告しました。この際にBは「もう関わる気はない」と言っていました。また松原署はAに自宅から離れての避難や刑事告訴を勧めていましたが、Aは「夫や子供ら家族がいるからできない」と拒否し、刑事告訴も見送っていました。4月2日に府警が電話でAに現状を確認した際には「何も被害はない。ありがとうございます」と話していたといいます。このため以後、Aと同署の間でのやり取りはありませんでした。殺人事件のあった日は、奇しくも同署がAから1か月ごとの定期連絡を受ける予定の日でした。

 府警の捜査では警告後もBはAを執拗に探しており、これはBも認めているといいます。

 

 

メニュー


会社名 FE総合調査
郵便番号 〒552-0001
住所 大阪府大阪市港区波除3-5-22
TEL 06-6567-8557
メール info@fe-osaka.com