大津市中2いじめ自殺事件

大津市中2いじめ自殺事件とは、2011年10月11日に滋賀県大津市内の市立中学校の当時2年生の男子生徒が、いじめを苦に自宅で自殺するに至った事件。「大津いじめ自殺事件」「大津いじめ事件」「大津市○○中学校いじめ自殺事件」などとも呼ばれています。事件前後の学校と教育委員会の隠蔽体質が発覚、問題視され、大きく報道されました。翌年には本事件が誘因となっていじめ防止対策推進法が国会で可決されました。

〇経緯

 大津市内の中学校で発生した出来事です。複数の同級生が2011年9月29日、体育館で男子生徒の手足を鉢巻きで縛り、口を粘着テープで塞ぐなどの虐待を行いました。10月8日にも被害者宅を訪れ、自宅から貴金属や財布を盗みました。被害者は自殺前日に自殺を仄めかすメールを加害者らに送りましたが、加害者らは相手にしませんでした。男子生徒は10月11日、自宅マンションから飛び降り自殺しました。被害者の自殺後も加害者らは自殺した生徒の顔写真に穴を空けたり落書きをしたりしていました。学校と教育委員会は自殺後に、担任を含めて誰もいじめの事態に気付いていなかった、知らなかったと一貫して主張していました。後の報道機関の取材で、学校側は生徒が自殺する6日前に「生徒が虐めを受けている」との報告を受け、担任らが対応を検討した事は認めたましたが、当時はいじめではなく喧嘩と認識していたと説明しました。学校側と監督する教育委員会も当初自殺の原因はいじめではなく家庭環境が問題と説明していました。

 

 

メニュー


会社名 FE総合調査
郵便番号 〒552-0001
住所 大阪府大阪市港区波除3-5-22
TEL 06-6567-8557
メール info@fe-osaka.com