ストーカー対策の具体的方法

(外出時)

  • 夜道などで危険な場所を通る時はタクシーなどを利用する。
  • 携帯電話は110番や最寄りの警察署に電話できるように、短縮番号を登録しておく。
  • できるだけタクシーを利用する。
  • 待ち伏せされやすい人気のない場所などには行かない。
  • やむを得ず人気のない場所に行く必要がある時には、すぐに助けを求められるように防犯ブザーなどの防犯具を携帯したり、携帯電話からすぐに連絡できるよう手に持っておく。
  • 尾行されてしまった時を想定して、通勤通学路など日常的に通行する場所には、すぐに逃げ込める避難場所を見つけておく。避難場所は警察署、交番が一番望ましいが、夜中でも開いているコンビニなども良いでしょう。
  • もし、避難する場所が見つからない場合は、できるだけ人通りの多い場所に出られるルートを確認しておく。
  • 玄関のドアの開け閉め時にも気をつける。
  • ドアを開ける時に侵入してくる事もありますので、出かける時はドアスコープで外にだれかいないか確認する。
  • 帰宅時にもドアを開ける前に、周辺にだれかいないか確認する。
  • 背中を押される危険があるので、駅のプラットホームや交差点などでは出来るだけ後ろの方に下がって待つ。
  • 信用できる人以外の家に行ったり、車に乗ったりしない

 

 

(住まいについて)

  • 窓に複数のカギをかける。
  • ドアには二重カギとドアスコープをつける。
  • 引越し先が新築ではない場合は入居の際に鍵を代えてもらうか、それが不可能な場合は自己負担でも鍵は必ず代えましょう。
  • 内側からチェーンもかける。ない場合は取り付ける。
  • 玄関ドアの郵便受けはふさぐ。

 

 

(エレベーターについて)

  • エレベーターを知らない人と2人きりでのらない。
  • エレベーターに乗る前 に周囲に不審な人物がいないかよく確認する。
  • 不審な人物がいる場合はいったん乗るのを止めて様子を見る。
  • エレベー ター内にある非常ベルボタンや出口付近に立つ。
  • エレベーターで襲われたら、非常ボタンを押すか、各階のボタンをすべて押し、外に逃げて助けを求める。

 

 

(自宅について)

  • 夜間に家の明かりで在宅を知られることを防ぐために遮光カー テンを使用しましょう。
  • 送り主の不明な手紙や届け物などは受け取りを拒否し、開封せずに送り返す。または、警察に届ける。
  • 特別に信用できる人以外を自宅に入れるない
  • 個人情報が書かれている書類(公共料金やクレジットカードの請求書など)は細かく破いてから捨てる。
  • 窓などにも出来ればカギを二つ以上にして、少しの外出の時も必ず施錠する
  • ゴミは収集車が来る直前に出す。

 

 

(自宅の電話について)

  • ナンバーディスプレイ機能付き電話を設置する。
  • 無言電話が多いときはナンバーリクエストで非通知着信拒否の設定にする。
  • 無言電話は、電話の録音機能やICレコーダー等で録音する。

 

 

(携帯電話について)

  • 出会い系サイトを利用しない。
  • 非通知着信拒否の設定にする。
  • 携帯電話は110番や最寄りの警察署に電話できるように、短縮番号を登録しておく。

 

 

(インターネット利用時について)

  • 住所、電話番号、メールアドレスをできるだけ教えない。
  • チャットに参加しない。
  • 自分の写真を公開しない。
  • 出会い系のサイトを利用しない。

 

 

(恋愛について)

  • 相手にあまり高価なものを貢いでもらわない。
  • 交際を止めるときは、相手に嫌いになってもらい、振ってもらう。

 

 

(その他)

  • 男ものの下着と一緒に洗濯物を干す。

 

 

〇メニュー


会社名 FE総合調査
郵便番号 〒552-0001
住所 大阪府大阪市港区波除3-5-22
TEL 06-6567-8557
メール info@fe-osaka.com