★集団ストーカー対策★

 集団型のストーカーが、大変問題になっています。今までのストーカー犯罪は個人が個人を標的にしてストーカー行為を行う犯罪でしたが、この集団ストーカーは、ある特定の団体や集団によりストーカー行為や嫌がらせを行うというものです。
 企業がリストラの目的で組織的にストーカー行為を行い嫌がらせをしてくるケースや宗教団体が脱退者に対して組織的な集団ストーカー行為を行っているという報告があります。

〇集団ストーカーの特徴

  • 被害者はストーカー犯が誰なのかということや集団ストーカー行為がはじまった原因を断定できない。
  • 老若男女を問わない不特定多数からストーカー行為が行なわれている。
  • クラクションを鳴らし続ける、監視するなど一般のストーカー行為で行なわれる行為との共通点も多い。
  • ある程度の距離を置いたストーカー行為が多い。
  • 組織的な犯行のため証拠を集めづらい。
  • ストーカー行為の期間は長期に渡ることが多い。
  • 被害者が身近な人に相談した場合に、その身近な人に被害が及ぶことがあり、被害者が相談を躊躇してしまいやすい。

〇具体的対策

 集団ストーカーに対しては非常に継続的で危険性を伴いますので一人で問題を解決しようとせず、専門家や公的機関などに早めに相談することが重要です。

〇探偵(興信所)を活用する

 ストーカー問題を解決する上で、最初に思い浮かべることは、警察に相談することだと思います。弊社としても、それが正しい解決策であると思っております。

 しかし、余程の緊急事態や完璧な証拠がない限り、警察が個人のために動くことは困難なのが現状です。警察官にも人数に限度がありますので、大きな犯罪になりにくいストーカー問題についてはなかなか対応しづらく、地域のパトロール強化という形になりやすいです。

 そこで、ストーカー問題を解決する選択肢の一つとして、探偵(興信所)の活用を検討してほしいと思っております。特徴としては、個人のために動くということです。警察に動いてもらうための証拠を集める際や被害者宅に張込む際など、家族や友人に頼みづらいことであっても率先して行います。