★恋愛型ストーカー★

 恋愛や好意の感情によるストーカー被害は、ストーカーの犯罪の中で一番多い動機です。

 ストーカー規制法は特定の相手への恋愛感情や行為の感情を満たす目的で、その相手や配偶者、一定の親族等に、つきまとい等を繰り返すストーカー行為を規制することができます。そのため、恋愛型タイプのストーカーに対しては、ストーカー規制法が適用でき、罰則を与えることができます。

〇恋愛型ストーカーの特徴

 ストーカー行為をする人には恋愛感情がまだ強く残っており、二人の関係が終わってしまったことを理解し、受け入れることができていません。まだ、相手(被害者)は自分のことを好きだと思い、相手(被害者)にとって自分は必要な存在なはずだと勝手に思い込んでいます。この思い込みから、相手(被害者)がどんなに迷惑だと伝えても、ストーカー行為をする人は聞き入れようとしません。
 以上のことから、ストーカー行為をする人を説得することができるならば、それに越したことはないのですが、なかなか現実を受け入れてくれることは困難です。

〇恋愛型ストーカーの対処

 ストーカー行為をする人に対して一時的だとしても、恋愛感情をもった身としては、相手の行為を迷惑で憎いと思う反面、犯罪者として刑事罰を与え前科を付けさせるのは、少し酷ではないかと考える方もおられます。できれば穏便に問題を解決したいと誰もが思うところだと思います。

 では、どうすればいいのか。それは第三者を交えての話し合い等に応じない場合や決裂した場合は、いきなり告訴を行うなど公権力の介入により解決を行うのではなく、内容証明によってストーカー行為をする人にこちらの意思をはっきり伝えます。それでも尚、ストーカー行為をやめない場合は警察に警告の申出を行うという手続きを段階的に行うことで、公権力の介入を避ける事ができます。

〇恋愛型ストーカーの注意点

 第三者を交えての話し合いや内容証明を送るなどの対処を行った後は、ストーカー行為がエスカレートするのではないかと不安になるかと思います。そのような場合、個人としてできることは


身を守ってもらえる人にできるだけ一緒にいてもらう。

防犯グッズを身に付ける。

ドアに防犯カメラを取り付ける。

録音・録画を行う準備をする。


などのセキュリティ対策や証拠を残す対策も同時に行うことが重要です。

〇探偵(興信所)を活用する

 ストーカー問題を解決する上で、最初に思い浮かべることは、警察に相談することだと思います。弊社としても、それが正しい解決策であると思っております。

 しかし、余程の緊急事態や完璧な証拠がない限り、警察が個人のために動くことは困難なのが現状です。警察官にも人数に限度がありますので、大きな犯罪になりにくいストーカー問題についてはなかなか対応しづらく、地域のパトロール強化という形になりやすいです。

 そこで、ストーカー問題を解決する選択肢の一つとして、探偵(興信所)の活用を検討してほしいと思っております。特徴としては、個人のために動くということです。警察に動いてもらうための証拠を集める際や被害者宅に張込む際など、家族や友人に頼みづらいことであっても率先して行います。