★妄想型ストーカー対策★

 妄想型のストーカーに対しては説得により解決するということはとても難しいと思われます。
 下手に交渉などをすると逆ギレし、大変危険な目にあう可能性があります。よって、慎重に対処を行ってください。
 できるだけ証拠を取得し早めに警察に相談することをお勧めいたします。

〇探偵(興信所)を活用する

 ストーカー問題を解決する上で、最初に思い浮かべることは、警察に相談することだと思います。弊社としても、それが正しい解決策であると思っております。

 しかし、余程の緊急事態や完璧な証拠がない限り、警察が個人のために動くことは困難なのが現状です。警察官にも人数に限度がありますので、大きな犯罪になりにくいストーカー問題についてはなかなか対応しづらく、地域のパトロール強化という形になりやすいです。

 そこで、ストーカー問題を解決する選択肢の一つとして、探偵(興信所)の活用を検討してほしいと思っております。特徴としては、個人のために動くということです。警察に動いてもらうための証拠を集める際や被害者宅に張込む際など、家族や友人に頼みづらいことであっても率先して行います。